アトム刑事弁護24時間ホットライン 0120-631-276 法律相談24時間受付無料 無料相談あり 詳しくはこちら

事件別の弁護プラン 東海地域 - 暴力事件

このページはこのような方を対象としています。

  • 大学生の息子が名鉄小牧線小牧駅近くの消防署の職員に酔って暴行を加えてしまい、小牧市小牧一丁目にある小牧警察署に逮捕されました。消防署の職員と示談できるかどうか分かりませんが、親として謝罪はしたいと思っています。どうすれば良いでしょうか。
  • 夫が名鉄豊田線日進駅前で警察官に暴行を加えて、愛知郡東郷町白鳥二丁目にある愛知警察署に逮捕されたと連絡がありました。警察の話では、夫は自白しているようなのですが、いつ釈放されるか教えてくれないので、会社に何と言えばよいかわかりません。できるだけ早く釈放されるにはどうすれば良いのでしょうか。
  • 友人が名鉄本線国府宮駅付近の駐車場で警察官に職務質問をされた際に、無視して通り過ぎようとしたところ、暴行したと言われ、逮捕されました。稲沢市朝府町にある稲沢警察署で勾留されているのですが、私は警察官を振り払っただけなのですが、公務執行罪に当たるのでしょうか。

名古屋・愛知の公務執行妨害事件の弁護プラン

名古屋・愛知で公務執行妨害事件を起こしてしまっても弁護活動によっては前科がつきません。

名古屋の緑警察をはじめ、警察から犯罪の容疑をかけられているにも関わらず、前科がつくことを避けるには、必要な弁護活動を尽くして、検察官から不起訴処分を獲得するか、裁判官から無罪判決を獲得する必要があります。日本の刑事司法においては、無罪判決の獲得は統計上0.1パーセントと困難で、不起訴処分を獲得する方が容易であるため、まずは不起訴処分の獲得を目標とした弁護活動を行うことになります。
日本の刑事手続において、検察官が事件を起訴するのは、証拠によって逮捕された方の犯罪行為が認定できる場合に限られます。言い換えれば、証拠によって犯罪行為が認定できない場合、事件は不起訴処分で終了し、前科が付くことはありません(嫌疑なし、嫌疑不十分)。

名古屋・愛知で業務妨害罪と公務執行妨害罪は、妨害した対象が何かによって成立する犯罪が異なります。民間の業務を妨害した場合は業務妨害罪が成立し、公の業務を妨害した場合は公務執行妨害罪が成立します。
名古屋・愛知で緑警察などの警察官などに暴行を加えたとして公務執行妨害罪の容疑をかけられている場合、不起訴処分を獲得するためには、犯した罪を素直に認めて反省し、更生の意欲を形で示すことが大切です。名古屋・愛知の公務執行妨害事件の暴行の相手方である緑警察などの警察官や警察署と示談を締結することは、実際上不可能であるため、アトム名古屋の弁護士を通じて反省文を検察官に提出するなど、ご相談者様の更生の意欲を積極的に形にし、伝えていく必要があります。
他方で、ご相談者様が名古屋・愛知の公務執行妨害事件を起こしていないにもかかわらず、名古屋・愛知の公務執行妨害事件の容疑をかけられてしまった場合は、アトム名古屋の弁護士を通じて無罪を主張し、検察官側の有罪の証拠の信用性を争うことで、嫌疑なし・嫌疑不十分などによる不起訴処分を獲得することになります。

名古屋・愛知で公務執行妨害事件で逮捕されても、弁護活動によっては早く留置場から出ることができます。

名古屋の名東警察をはじめ、早く留置場から出るためには、逮捕の後に勾留されないことが大切です。
名東警察署をはじめ、警察に逮捕された被疑者は、逮捕の翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれ、釈放の有無が検討されます。検察官と裁判官によって釈放が「なし」と判断された場合、逮捕された被疑者は、勾留(こうりゅう)を請求された日から10日間から20日間、名東警察署などの警察署の留置場での生活を強いられることになります。アトム名古屋の弁護士を選任すれば、検察官や裁判官に勾留をしないように求める意見書を提出し、仮に間違って勾留が決定された場合でも、準抗告(じゅんこうこく)という不服申し立ての手続きにより、その取り消しを求めることができます。

例えば、名古屋・愛知で酔っ払って職務質問中の名東警察署などの警察官にからんでしまい、公務執行妨害罪で逮捕されたとしても、アトム名古屋の弁護士と面会して事実関係を整理し、その後の取り調べで適切な対応が取れれば、10日間の勾留が決定されずに即日釈放される可能性があります。
また、名古屋・愛知の業務妨害罪で逮捕され10日間の勾留が決定されてしまった場合でも、その後にアトム名古屋の弁護士を通じて被害者と示談を締結する等、ご相談者様に有利な事情の変更があれば、通常の日程よりも早く名東警察署などの警察署の留置場から釈放される場合があります。

名古屋・愛知で公務執行妨害事件で起訴されても、弁護活動によっては刑務所に入らないで済みます。

名古屋・愛知の公務執行妨害事件の裁判で検察官から懲役刑を求刑されても、刑務所に入らないためには、裁判官から執行猶予付きの判決を獲得する必要があります。そのためには、アトム名古屋の弁護士を通じてご相談者様に有利な証拠を提出し、裁判官の心証を良くしていくことが大切です。
名古屋・愛知の公務執行妨害事件の場合は、反省の情を示すことが重要です。
他方で、ご相談者様が名古屋・愛知の公務執行妨害事件の犯人でない場合や、警察官の公務がそもそも正当なものでなかったような場合は、アトム名古屋の弁護士を通じて無罪を主張し、検察側の証拠を争うことで、無罪判決を獲得していくことになります。

アトムによる業務妨害・公務執行妨害事件の解決例

罪名 事件の概要 解決例
公務執行妨害1件、器物損壊1件(230号事件) ご依頼者様(無職、20代男性、前科なし)が、月曜日の深夜、焼き肉店で友人らと酒を飲んで騒いでいたところ、通報で駆け付けたパトカーを蹴とばして、側面を凹ませた容疑で逮捕された事件。 逮捕された後に事件を受任。弁護活動の結果、ご依頼者様は2泊3日の身柄拘束だけで留置場から釈放された。また、その後の弁護活動により被疑者側に有利な事情が証明されたため事件は不起訴で終了した。

より詳しいアトムの解決事例はこちら

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。
親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。