アトム刑事弁護24時間ホットライン 0120-631-276 法律相談24時間受付無料 無料相談あり 詳しくはこちら

愛知県名古屋の刑事事件情報

このページでは、名古屋市熱田区の刑事事件情報を解説しています。名古屋市熱田区における刑事事件の犯罪統計や、刑事事件の用語解説をご覧いただくことができます。また、名古屋市熱田区に法律事務所を持つ弁護士の情報も掲載しています。

愛知県の都道府県別犯罪比率

名古屋市熱田区の刑事事件とは

このような刑事事件を起こしていませんか?

暴行の刑事事件で、名古屋市熱田区新尾頭1−12−13にある熱田警察署新尾頭交番のお巡りさんに連行されました。私は、生活の場が名古屋市北区辻本通にある27歳の者です。暴行の刑事事件が熱田警察署新尾頭交番に見つかり、もだえ苦しんでいます。

名古屋市熱田区の犯罪統計

平成24年度、名古屋市熱田区における重点罪種刑法犯の認知件数は、強盗罪3件、恐喝罪3件、自動車盗26件、オ−トバイ盗36件、部品ねらい47件、車上ねらい119件、ひったくり29件、自動販売機ねらい14件、侵入盗79件、重点罪種総数695件、刑法犯総数1,266件でした。

また、平成25年度、名古屋市熱田区における同認知件数は、強盗罪4件、恐喝罪5件、自動車盗21件、オ−トバイ盗35件、部品ねらい47件、車上ねらい92件、ひったくり12件、自動販売機ねらい10件、侵入盗129件、重点罪種総数717件、刑法犯総数1,290件でした。

刑事事件の用語解説

暴行とは

暴行罪にいう「暴行」とは、人の身体に向けられる不法な力の行使をいいます。不法な力の行使は、必ずしも身体に触れる必要はありません。

例えば、石を投げてあたらなかった場合であっても、暴行罪は成立することになります。その他にも、つばを吐きかけたり、耳元で太鼓のような楽器を乱打したりする行為も、暴行にあたります。

不法とは

不法とは、具体的な法律の規定に違反する行為や、社会的相当性の範囲を逸脱して法秩序に反する等の行為を言います。これらの行為は、何らかの不利益な法的効果を伴うことになります。

その他の刑事事件

風適法違反の刑事事件で、名古屋市熱田区神宮3−6−34所在の熱田警察署神宮前交番の警察官に署まで同行するよう求められています。私は、勤め先が名古屋市南区外山にある55歳の者です。風適法の刑事事件が熱田警察署神宮前交番に見つかり、苦しんでいます。

殺人の刑事事件で、名古屋市熱田区高蔵町9−11にある熱田警察署旗屋交番のお巡りさんに出頭を促されています。殺人の刑事事件が熱田警察署旗屋交番に見つかり、深く悩んでいます。私は、実家が名古屋市中村区角割町にある43歳の者です。

背任の刑事事件で、名古屋市熱田区千年2−7−24所在の熱田警察署千年交番のお巡りさんに調書を取られました。背任の刑事事件が熱田警察署千年交番に見つかり、苦しみ喘いでいます。私は、事業所が名古屋市名東区猪高町高針にある40歳の者です。

名古屋市熱田区の弁護士情報

(ただいま更新中です。)

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。
親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。