アトム刑事弁護24時間ホットライン 0120-631-276 法律相談24時間受付無料 無料相談あり 詳しくはこちら

事件別の弁護プラン 名古屋 - 交通事故

このページはこのような方を対象としています。

  • 地下鉄名城線黒川駅付近の交差点で死亡事故を起こしてしまい、名古屋市北区田幡二丁目の北警察署で逮捕されました。刑事からは、交差点を右折する際に前方を注視すべきだったと言われています。今後勾留されてしまうのかなど、自分の状況が分からなくて不安です。
  • JR東海道線安城駅付近の路上で車を運転中、人をはねてしまいました。安城市横山町下毛賀知にある安城警察署で取調べを受け、現在は在宅で捜査が続いています。被害者の方にお詫びに行きたいのですが、連絡先を教えてもらえません。どうすればいいでしょうか。
  • 妻が車を運転中、JR東海道線熱田駅付近の交差点で対向車と接触事故が起きました。現在、名古屋市熱田区横田一丁目の熱田警察署で調書の作成や実況見分をしています。妻の話を聞くと、対向車の方が無理に突っ込んできたようです。妻の無実を証明してあげたいです。

名古屋・愛知の人身事故・死亡事故の弁護プラン

名古屋・愛知で人身事故を起こしてしまっても、弁護活動によっては前科がつきません。

刈谷市の刈谷警察をはじめ、警察から犯罪の容疑をかけられているにも関わらず、前科がつくことを避けるには、必要な弁護活動を尽くして、検察官から不起訴処分を獲得するか、裁判官から無罪判決を獲得する必要があります。日本の刑事司法においては、無罪判決の獲得は統計上0.1パーセントと困難で、不起訴処分を獲得する方が容易であるため、まずは不起訴処分の獲得を目標とした弁護活動を行うことになります。
日本の刑事手続において、検察官が事件を起訴するのは、証拠によって逮捕された方の犯罪行為が認定できる場合に限られます。言い換えれば、証拠によって犯罪行為が認定できない場合、事件は不起訴処分で終了し、前科が付くことはありません(嫌疑なし、嫌疑不十分)。

名古屋・愛知で交通事故を起こして相手に怪我を負わせてしまった場合「自動車運転過失傷害罪」という犯罪が成立し、相手が死亡してしまった場合は「自動車運転過失致死罪」という犯罪が成立します。
もっとも、これらの犯罪は、名古屋・愛知で交通事故が起きた当時、ご相談者様の運転に過失(不注意)がなければ成立しません。そこで、アトム名古屋の弁護士を通じて、交通事故当時、ご相談者様の運転には過失(不注意)がなかったことや、事故が避けようとしても避けられなかったことを具体的に証明していくことによって、不起訴処分を獲得していくことになります。
次に、名古屋・愛知の人身事故・死亡事故でご相談者様の運転に過失(不注意)があった場合は、アトム名古屋の弁護士を通じて被害者の方に謝罪と賠償を尽くし、示談を締結し、許しの意思を示した嘆願書を得ることができれば、その後の裁判でご相談者様に有利な証拠となります。
さらに、ご談者様が実際は名古屋・愛知の人身事故・死亡事故に関与していないにも関わらず、これらの容疑をかけられたような場合は、アトム名古屋の弁護士を通じて有罪を裏付ける証拠が不十分であることを主張し、不起訴処分の獲得を目指していくことになります。

名古屋・愛知で人身事故で逮捕されても、弁護活動によっては早く留置場から出ることができます。

碧南市の碧南警察をはじめ、早く留置場から出るためには、逮捕の後に勾留されないことが大切です。
碧南警察をはじめ警察に逮捕された被疑者は、逮捕の翌日か翌々日に検察庁に連れて行かれ、釈放の有無が検討されます。検察官と裁判官によって釈放が「なし」と判断された場合、逮捕された被疑者は、勾留(こうりゅう)を請求された日から10日間から20日間、碧南警察など警察署の留置場での生活を強いられることになります。アトム名古屋の弁護士を選任すれば、検察官や裁判官に勾留をしないように求める意見書を提出し、仮に間違って勾留が決定された場合でも、準抗告(じゅんこうこく)という不服申し立ての手続きにより、その取り消しを求めることができます。

名古屋・愛知の人身事故・死亡事故で逮捕の後に勾留されないためには、弁護士を通じて身元引受人を確保し、検察官や裁判官に「証拠の隠滅や逃亡をしないこと」を説明する弁護活動が有効です。
また、名古屋・愛知の人身事故・死亡事故のように被害者がいるような類型の事件の場合は、アトム名古屋の弁護士を通じて被害者やご遺族の方と示談を締結し、許しの意思を示した嘆願書を獲得できれば、検察官や裁判官に有利に判断してもらえます。
さらに、10日間の勾留が決定された場合でも、その後にアトム名古屋の弁護士を通じて被害者と示談を締結する等、ご相談者様に有利な事情の変更があれば、通常の日程よりも早く碧南警察などの警察署の留置場から釈放される場合があります。

名古屋・愛知で死亡事故で起訴されても、弁護活動によっては刑務所に入らないで済みます。

名古屋・愛知の人身事故・死亡事故の裁判で検察官から懲役刑を求刑されているにも関わらず、刑務所に入らないためには、裁判官から執行猶予付きの判決を獲得する必要があります。
名古屋・愛知の人身事故・死亡事故の裁判で執行猶予付きの判決を獲得するためには、裁判において、アトム名古屋の弁護士を通じてご相談者様に有利な証拠を提出し、裁判官の心証を良くしていくことが大切です。
名古屋・愛知の人身事故・死亡事故の場合は、被害の程度に関わらず相手方(被害者)がいる犯罪ですので、アトム名古屋の弁護士を通じて相手方と示談を締結し、示談書や嘆願書などが入手できれば、ご相談者様に有利な証拠になります。
また、アトム名古屋の弁護士のアドバイスに基づき、生活環境を改善するなど、反省と更生の意欲をきちんと伝えることも、裁判官の心証との関係で重要です。
他方、無実の名古屋・愛知の人身事故・死亡事故の事件で起訴されてしまった場合は、アトム名古屋の弁護士を通じて無罪を主張し、検察側の証拠を争うことで、無罪判決を獲得していくことになります。

アトムによる人身事故・死亡事故の解決例

罪名 事件の概要 解決例
自動車運転過失傷害(225号事件) ご依頼者様(主婦、40代女性、前科なし)が、月曜日の朝方、自家用車で走行中、停止線で一旦停止したあと、車を発車させた直後に歩行者と衝突し、約2か月の入院を要する傷害を負わせた容疑で検挙された事件。 逮捕される前に弁護活動をスタート。弁護活動により被害者から許しの意向を示した嘆願書を取得し、加害者側に有利な事情が証明されたため、ご依頼者様は逮捕されることなく、事件は不起訴で終了した。
自動車運転過失傷害(187号事件) ご依頼者様(70代男性)が、水曜日の昼間、自家用車で走行中、前の車が急停車したためこれに衝突し、運転手らに頸椎捻挫の傷害を負わせた容疑で検挙された事件。 逮捕される前に弁護活動をスタート。弁護活動により被害者と示談が成立したため、ご依頼者様は逮捕されることなく、事件は不起訴で終了した。
自動車運転過失致死(209号事件) ご依頼者様(派遣社員、20代男性、前科なし)が、水曜日の夜、職場から帰宅するために自家用車で走行中、道路の前方を右から左に横断していたと思われる歩行者(当時21際)と衝突し、死亡させた容疑で検挙された事件。 起訴された後に事件を受任。弁護活動により加害者側に有利な事情が証明されたため、事件は被害者遺族の実刑意見をくつがえして執行猶予で終了した。

より詳しいアトムの解決事例はこちら

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 刑事事件・逮捕に強い弁護士 アトム刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。
親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。